結婚するということはどんな環境でも愛し合うことができる相手との生活だ

子供の教育方針に対して多くの考え方があります。話しかけ方にしても夫が口を挟んでくる時が度々あることでしょう。どこにも完璧な答えはありえないし、夫も妻も子育てを始めたばかりのひよっこなのに自分が育てられてきた通りに自分の子も育てようとするのです。結婚条件の違いが補えずに配偶者とケンカしてしまうことが度々起こって、どうしようもなくなって別れてしまう夫婦だってたくさんあるという現実を覚えておきましょう。本来は言い合うほどでもないようなささいなことで意味のない口ゲンカを起こしてしまい、後から後悔しなくてもいいようにきちんと自分の結婚観に関して考えるべきでしょう。彼氏を思い浮かべて下さい。どんなことをやっている時間、どのようなことをやってもらっている瞬間が幸せか、思い起こしてください。している時もしてもらった時も裏表なく彼のことを好きでいますか?見返りを期待して何かをしてあげようと思うんじゃよくなく、見返りを期待しないで何かをしてあげたいかを確かめてほしいのです。